癌(がん) 予防 は免疫次第、鍵はストレスです。

癌(ガン) 予防の最前線はストレス対策です。

癌(ガン)発病すると怖いですね。細胞の遺伝子が壊れて異常になった細胞が増殖するこの病。聞くからに恐ろしいはなしですが癌(ガン)細胞は誰の体にでも生まれているそうです。誰もが発病しないその訳は、私達の体は免疫細胞によって守られているからです。免疫細胞は体の中にある細胞の遺伝子パターンを読み取って、あなたの遺伝子ではないと判断すると攻撃してやっつけてくれます。体に侵入した細菌も、体の中に発生した癌(ガン)細胞も免疫細胞がそれを退治してくれる分には何も怖い事は起きません。私達が生まれたときから持っている自然に治す力、回復する力を失いたくないですよね。

 

 

 

 

 

ところがこの免疫細胞の働きを止めてしまうスイッチというものがあるそうです。免疫細胞のATF3遺伝子スイッチを ONにすると免疫細胞は癌(ガン)細胞を攻撃しなくなるそうです。

 

 

 

 

一体誰が免疫細胞が癌(がん)細胞攻撃を止めてしまうスイッチを押すかと言うと、ほかならぬあなた自身です。あなたが受けたストレスによりスイッチが押されてしまうのです。
>> ストレスホルモンがでる仕組みで説明した通り 
過度なストレスに慢性的に曝されるとストレス反応の暴走という事が起きます。

 

 

 

 

 

ストレスと言っても、デートするとかゲームに勝つとか、最高の自分を引き出すみたいな良いストレス、 頑張るストレスがあります。良き人生を送るには一時的にストレスに曝されるのは寧ろ良い事です。

 

でも 嫌な事、不快な事、悔しい事、悲しい事、辛い事によって引き起こされる体に悪いストレスもあります。人間、生きて行くためには我慢したり耐える事も必要ですが、朝から晩まで休みなく過剰なストレスにずーっとずーっと慢性的に曝され続けるとついには体を守る仕組みを失ってしまいます。

 

 

 

 

癌(ガン)の予防で大切な事は 過剰なストレスに慢性的に曝され続けない事です。具体的にはどうすれば良いのでしょう。

 

>> ストレス解消、ストレスから心身を守る方法

 

 

 

関連ページ

ストレスホルモンの出る仕組み
強くなりましょう、心が折れて、神経に異常をきたし体の調節が効かなくなって壊れて行く病に倒れない様に
脳や心臓をストレスから守る
強くなりましょう、心が折れて、神経に異常をきたし体の調節が効かなくなって壊れて行く病に倒れない様に
キラーストレスで突然死
突然死の原因はキラーストレスが生みだした殺人細菌だった。原因は血圧上昇だけではなかた。
うつ病の症状、病院で診断書
おっくう、憂うつ、不安やあせりが うつ病の代表的症。全身倦怠感、不眠、頭痛、胃のむかつきなら 病院で診断書をもらい仕事を休みましょう。
うつ病招くクヨクヨ、ビクビク
鬱病(うつ病)と病院で診断されて仕事を休んだのに強いストレスに苦しむ訳。
瞑想でストレス解消
マインドフルネス とは 慢性的な過剰ストレスを解消する方法
コーピングというストレス対処
頑張った自分、我慢した自分を褒めてあげて下さい。そしてご褒美、それが海馬を成長させ成功する力を生みます。
頑張るストレスと我慢ストレス
ストレスで吐き気、頭痛、胃腸炎、下痢 不眠、心身症 自律神経失調症 うつ病で 治らないと悩んでいませんか。大丈夫、薬に頼らず解消できます。

inserted by FC2 system