ウォーキングはダイエットに一番 効果的な運動

ウォーキング 姿勢,ダイエット,ストレス解消,うつ病予防に効果的

ダイエットやストレス解消、鬱病(うつ病)予防に効果的なのはウォーキングです。お金をかけずに薬や手術にも頼らず、いつまでも明るき元気、健康で痛いですよね。ウォーキングをやろうとすると、DVDで正しいウォーキングの仕方(主に足の上げ下ろし方)を学ぶとか ウォーキング専用のシューズやウォーキングウェアーを揃えなければいけないなんて思わないでください。意味ないですよ。

 

 

 

 

 

ウォーキングはゆるい運動の様でいて 、メタボ対策、ダイエット、糖尿病予防にも効果的です。私事ですが、一時脂肪肝になりかけました。決してメタボじゃない、太ってはいないのにですよ。こういうを

 

隠れ肥満って言うのだそうです。

 

見た目太ってなくても肝臓が脂肪に取り巻かれている脂肪肝!、放っておけば肝硬変肝臓癌にもなりかねない恐ろしい病の前兆に恐怖しウォーキングを始めました。
 

 

 

 

ウォーキングは一日30分以上、週に数回やりましょうと言われますが

やりはじめは要領が分からず 散歩気分でトボトボと歩いていました。こんなウォーキング効果はありません。だからと言って走るのはしんどいですよね。でっやめちゃう人は多いのですけれど・・・・・・ 無理せず効果を引き出すコツがある事を知りました。

 

 

 

大切なのは姿勢です

先ずは無駄なく疲れにくい歩き方のコツとして頭とお尻に注目します。

1.頭は体の軸に対して垂直に

猫背の人は前に傾いていたり、自分でも気が付かないうちに後ろに傾いていたりする事があります。頭は垂直にしましょう。

 

 

2.お尻を意識

歩き出す前に、直立して両足を45度に開いた状態のお尻の状態。この状態を意識して歩きます。
頭とお尻を意識するだけで良い姿勢でさっそうと歩けますので無駄なく疲れず歩けるだけでなく、傍から見ていても惚れ惚れとするかっこ良さが醸し出されます。

 

 

チョイきつ走りで若返り

 ”チョイきつ走り”は身体の細胞の中にある元気工場であるミトコンドリアに「元気になれ」スイッチをONにする方法です。

要領

最初は散歩ペースでウォーキング、身体がのってきたら”チョイきつ走り”を1分以上3分位まで。息が切れてきたら散歩ペースでウォーキング。”チョイきつ走り”と普通のペースウォーキングを何度も繰り返します。”チョイきつ走り”一分経過程度で身体の細胞の中にある元気工場・ミトコンドリア元気になれスイッチが入ります。やっていてきつくなったら普通に歩いけば良いのですから、無理なく続ける事ができます。

 

 

 

>> NHK ためしてがってん2015年08月26日放送 で紹介されていました。 こういう解決法はテレビ番組やネット上に多数紹介されています。 せっかく見てもやらない人、続かない人が多いですよね。続けないと効果は実感できないですよ。

 

体調不良や鬱病(うつ病)予防に効果的なウォーキングのコツ

 

体調不良や元気が出ない原因の一つに体幹の歪みや捩れがあります。整形外科や整骨医に頼らなくても自分で解消する方法があります。
    

 

一寸オーバーな動作ですが腕を大きく振り上げて体幹が右回り、左回りと回転ストレッチする様に歩いてみて下さい。溜まった歪が解されて爽快ですよ。

 

 

 

世の中には悪い姿勢やじっと動かなにで座り続けている生活習慣が災いして 腰痛とか体幹や骨盤、首の骨が歪んでいて心身の苦痛に苦しむ人が少なからずいます。腰痛は現代病です。アフリカで原始的生活を送る部族に腰痛はありません。腕を後ろに大きく振って腰から背骨を軸に体幹を左右回転にさせてストレッチしています。そんなに早くは動きません。ちょっと大袈裟なモーションになります。人目が気になるときは薄暗くなってからなら気になりません。

 

ウォーキングをするようになってからは脂肪肝は解消されました。血液検査の結果がぐんと良くなりました。久しぶりに会う知人には、「随分スリムになったね」とか「見違えた別人の様だ」と言われます。

 

 

ウォーキングを続ける方法

運動しないけれどダイエットしなければと思う人は結構いますよね。ウォーキングは我慢しない、辛くない、お金かからないゆるい運動です。でもやらない、辞めてしまう人は多いですね。どんなに良い事も続けなければ効果はでません。

 

ウォーキングをやらない、やって見たけれど続かないという人の意見を聞いてみました。

やりたくても出来ない系

  • 帰宅が遅い。
  • 夜しか時間がないけれど怖くてできない。
  • 花粉症でできない。
  • 暑くて外に出られない。
  • 寒くて外に出られない。
  • 腰痛でできない。

 

効果が感じられない系

  • 何回かやったけれどやせない。
  • 散歩みたいなゆるい運動でダイエットできるはずがないと思える。
  • 競技性もゲーム性も無いのでやっていて楽しくない。

 

やりたくても出来ない系の人達には 通勤や仕事、日常で歩く機会を増やすよう工夫しましょう。

 

ダイエット効果のあるウォーキングの目安は一日30分を毎日続ける事ですが、時間がないとか外に出られない人もいるでしょう。一例としてオフィスやマンション、の階段を利用してはいかがでしょう。1階から5階までを1日4往復程。一度にやらなくてもOK。午前中に一回、昼休みに一回、午後に一回、帰り際に一回。休日であればでデパートやショッピングモールの階段がお薦めです。建物の中であれば夏でも冬でも花粉症の季節でも快適です。エレベーターやエスカレーターに慣れた人に階段はきつい様に思えますけれど第2の心臓と言われる足のふくらはぎに負荷をかけられますのでこれが血行を良くします。このためアンチエイジングな若返り効果が期待できます。
 

 

実際にアパートやマンションに住んでいらして、階段を利用しないお年寄りが知り合いにいます。80代ですが元気で健康的、体が軽そうです。自分も今は5階までエレベーターなしで階段を上り下りする様にしています。高い建物ですと階段を利用する人は少なく、自分専用のトレーニング施設の様に活用できます。

 

脂肪を燃焼する実感が得られれば効果を感じられます。

 

効果が感じられない人は やはり激しく運動しないと脂肪を燃焼できないと思っている人を良く見かけます。そしてそんなしんどい事続かないから結局何もやらないみたいになってしまいます。

 

    

 

 

上手くウォーキングできていれば 15分ぐらいで体が熱くなる、脂肪の燃焼を実感できるようになります。ウォーキングは有酸素運動ですし、中性脂肪は激しい運動よりウォーキングの様なゆるい運動の方が燃焼しやすいと言われています。ウォーキングを初めてすぐそんな実感はつかめないかも知れませんが諦めずに燃焼系体質になる事を目指してください。

 

 

 

 

 

 

ウォーキングをやってみて

痩せたい、メタボを解消したいという方へ。本当にすっきりさせるべきところは体重や胴回り、顔や太もも、二の腕よりも体の中でここをスッキリさせなければというところがあります。ウォーキングで体をスッキリさせようとしている方は 是非、体の中のこちらを
 >>スッキリさせるよう心がけて下さい。

 

 

もしウォーキングでストレス解消できなければ

ウォーキングはキラーストレスを解消する事でも良く知られています。でもウォーキングしたけれどよく眠れないとか、やる気も元気も出ないで鬱病(うつ病)気味とか、ストレスが中々解消できない方はこちらも読んでください。

 

 

 

 

>> ストレス解消、ストレスから心身を守る方法

 

関連ページ

運動しないでダイエット
誰にでも出来る、お金かけず我慢もなし。姿勢を良くし、腰痛予防にもなる 方法とは?

inserted by FC2 system