血行が良いと結構な事だらけ

血流を良くする方法 こそ 病気知らずの若々しい体の秘訣

痩せたい。メタボを解消したい。胴回りなどについた余分な贅肉や脂肪を落としてスッキリしたいという気持ちはとても自然なものです。見た目メタボな人だけでなく、LDL(悪玉コレステロール)や中性脂肪。血糖値が高めの 隠れメタボ、痩せメタボの人も是非聞いて下さい。是非、スッキリさせてください、血流を。血管の中に錆びたコレステロールを貯め込まずスッキリと血流を良くする事。これが本当のメタボ解消です。

 

 

 

シミ、シワ、たるみ、ほうれい線、カサカサの乾燥肌、白髪や抜け毛に気が付けば誰でも「あー、老けた!。自分も歳だなぁ」と、老化を意識します。いつまでも艶々に潤った肌で若くいたいと誰もが思います。だからと言ってスキンケア品や化粧品、白髪染めや育毛剤に頼る前に、「体の中から若くいたい」と思えたらばとても良い事です。体の中から若返る為には血流、血行を良くする事です。

 

 

 

血流、血行を良くするためには 「さらさら」、「すっきり」、「しなやか」です。

 

 

 

ところがこんな事で「さらさら」「すっきり」「しなやか」が失われてしまいます。

 

    

 

>>何故、血液はドロドロになるか

 

>> 何故、血管が詰まるのか

 

>> 何故、血管がボロボロになるのか

 

 

 

 

血流をサラサラに 血管を詰まらせないしなやかに保つためには 

 

先ずは 白湯をのむだけ健康法で 血液をサラサラにしてください。お金をかけずに、我慢もしないで誰にでもできる事です。
>> 人気の有名女優さん達がやっている 白湯を飲むだけ健康法

 

 

 

次に
何故実際の年齢よりもマイナス10歳若い人がいるのか逆にシミ、シワ、たるみ、ほうれい線、乾燥肌 抜け毛に白髪と実年齢より老化が進む人がいるのかをよく考えて体の中からすっきりと若々しくなる体質を目指してください。

 

血流

 

 

 

何故、血液はドロドロになるか

人の体は37兆個ほどの細胞でできています。この細胞一つ一つに潤いをもたらし浄化してくれるのは血液の流れです。さらさらの血液こそ若さや美貌、シミ シワ たるみのない張りのあるお肌、黒々としたふさふさの髪の毛、スリムな体、元気で健康でいられる源です。ところが本人も気が付かないうちに血液が濁ったりドロドロになったりします。もしあなたのお家で水道から茶色く濁った水が出てくる、しばしば断水する。或いは下水が詰まったり町の水路が流れずに溜まってボウフラが沸いていたらあなたは健康に暮らせるでしょうか?

 

人間の細胞も同じです。一体どうして血液はドロドロになってしまうのでしょう。

 

血液がドロドロになる理由
 

 

その1 食べ過ぎ、飲みすぎによる血液中の中性脂肪が増える為です。

 

 

 

その2 糖分、炭水化物、スィーツの食べ過ぎで血糖値を上げてしまう為です。

 

 

 

その3 水分の不足です。

 

  • 寝起き(人は寝ている間に多量の汗をかきます。)
  • お風呂から上がった後、
  • 熱中症が心配される季節など

 

その4 運動不足です。

SIRIUS(シリウス) 

 

その5. ストレスも血液ドロドロを引き起こします。

SIRIUS(シリウス)

 

 

 

血液をドロドロ から さらさら にする方法があります。

 

血流

 

 

>>血流メニューに戻る

 

 

何故、血管が詰まるのか

血管、血液の通り道。ホース程の太い血管から髪の毛程の細いものまで、体中に張り巡らされた血管の中はスッキリさせておきたいですよね。頭が痛い、胸が痛い!、物忘れが酷い。血管が詰まって深刻な症状を引き起こすと例え治療できたとしても重い後遺症が残る事があります。一体なぜ血管はつまるのでしょう。

 

 

 

私達が生きて行く上で必要な物の中に 酸素、コレステロール そして免疫力があります。 食べ過ぎ、飲みすぎ、運動不足やストレスなどで溜まってしまう。或いは卵等の高コレステロール食品の食べ過ぎで溜まってしまう厄介な物にLDL(悪玉子コレステロール)と言うものがあります。何故、人の体に必要なコレステロールが悪玉になるかというと・・・

 

 

これまた私達が生きて行く上で必要な酸素 の一部が活性酸素というものに変化して、体中を錆びさせます。これが老い、即ち老化ですがこの活性酸素が、LDLコレステロールをも錆びさせてしまいます。

 

 

 

私達の血液の中の白血球は体を守る免疫細胞です。異物や細菌、癌(がん)などをやっつけて私達の体を守ってくれます。この免疫細胞の中にマクロファージという細胞があります。異物や細菌を食べてしまう頼もしい味方です。

 

 

 

ところが、このマクロファージ、錆びたLDL(悪玉コレステロール)を食べるとへたばってしまいます。

 

 

 

錆びたLDLを一杯食べてへたばったマクロファージ、悪い事に血管の壁の中ででき物となります。こうして血管の中がコブだらけとなり、詰まって血流が悪くなります。

 

 

LDL(悪玉コレステロール)の値が高く、 体が錆びやすくなっている人は血管が詰まりやすいリスクが高いと言えます。具体的には 食べ過ぎ、飲みすぎ、或いは卵等の高コレステロール食品を多めに食べる。

 

朝食抜き 昼食抜きな不規則な生活、運動不足、遅い時間の食事、夜食など 燃焼型体質の逆の蓄積型体質になる行為。
 

 

 

そして年齢に関係なく老化(体が錆びやすくなっている)がすすんでいる人は生活習慣を改める事が望まれます。
どういう事をすると活性酸素によって酸化しやすくなるかと言うと
 

  • 若くないのに息を切らす激しい運動をする。
  • 炎天下で紫外線を多めに浴びる。
  • 慢性的なストレスに曝される。 
  • 喫煙 

等が活性酸素を生みだします。

 

SIRIUS(シリウス) 

 

 

血管が詰まらない様にスッキリさせる方法があります。

 

血流

 

 

 

 

何故、血管がボロボロになるのか

動脈硬化とか脳梗塞、くも膜下出血 という言葉を聞いた事があると思います。これは血管の壁が硬くなったりもろくなったりする事で起きます。本来はゴムの様に弾力性のある血管がどうしてボロボロになるのでしょう。

私達は生きていく上で酸素が必要です。でもこの酸素の一部が活性酸素というものに変化して私達の体の細胞を錆びさせます。

 

 

体が錆びるというのは リンゴの皮を剥いて空気中に曝すと変色して萎びるようなものです。

 

 

 

では、空気を吸う生き物は皆、錆びるかと言うとそうではありません。体の中には抗酸化力というものがあります。

 


ところがこの抗酸化力というものは 歳をとる共に失われていきます。それによって体が錆び シミ、シワ、たるみ、ほうれい線、白髪等 老化のサインを発します。

 

 

 

抗酸化力を失い血管が錆びる様になると 硬化、炎症、出血を引き起こすリスクが高まります。ただ歳を取れば皆、こうなるかというと

  • 実年齢にかかわらず若々しい人
  • 実年齢は高齢者ではないのに著しい老化がすすんでいる人

がいます。

 

 

血管を老化させず しなやかにする 方法があります。

 

血流

 

 

 

 

 

関連ページ

白湯(さゆ)を飲むだけ健康法
白湯(さゆ)を飲むだけ の美容と健康法は女優さん達の間で大流行しておるそうです。
腸内フローラで 美容と健康 老化防止 成人病予防 ガンや ウツ迄治る
美容と健康 老化防止 成人病予防 そして メンタル 腸内革命、腸内フローラ が人生を変える?
花粉症の治し方 治療薬で対処両方より 体質改善してみませんか
春におきるくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ 花粉症 アレルギー性鼻炎  人の免疫機構が「花粉は異物である」と過剰に反応して起きるアレルギー反応 酷くなると頭痛や微熱だるさに見舞われる。 辛いからと言って対処療法的に薬で症状を抑えていると根本治療が難しくなるといいます。 花粉症は体の異常のサインだと考えて 体質改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。
老けたくない、若返る方法
シミ、シワ、たるみ、ほうれい線 カサカサの乾燥肌に 白髪に抜け毛 は老化のサイン。肌や髪の毛だけでなく体や心まで老けない様に体の中から若返る方法はあります。体の中からマイナス10歳でいられる方法とはこんな簡単な事だったとは!

inserted by FC2 system