老けたくないなら体の中から若返る方法

人の若さや美しさは花に例えられます。

人の若さや美しさは花に例えられます。花はどんなに美しくても時が経てば萎れて枯れて散ってしまいます。そんなはかなさが人の老いや寿命をイメージさせます。でも本当に人の若さや美しさ、或いは命や寿命を花に例える事が相応しいのでしょうか?。花は散っても根っこは生きていて季節が廻れば次の花を咲かせるのですから。

 

 

 

人の若さや美しさは花ではなくお花畑に例えるのが正しいのだと思います。お花畑は一面の花に覆われています。先に咲いた花は枯れても、後から後から蕾が膨らみ花を咲かせます。全ての花が咲き終わっても根や球根は生きていて季節がめぐればまたお花畑一面に花が咲きます。「お花畑は若返る」のです。

 

潤いのある艶々のお肌は若さの象徴

人も同じ。37兆個程の細胞でできていて、時が経てば古くなった細胞は消えてゆきますが新しい細胞が生まれてきます。(生まれ変わらない細胞もありますが)。例えばお肌。潤いのある艶々のお肌は若さの象徴です。どうして若さの象徴と思えるのでしょうか。実は皮膚は人を守るバリアーです。有害な紫外線や乾燥、細菌などから体を守っているのです。ですからシミ、シワ、たるみ、ほうれい線がない、カサカサに乾燥していない、艶のあるすべすべのお肌は若さの象徴なのです。

 


老けたくない     

 

お肌も若返ります。皮膚の細胞は、ターンオーバーと言ってお花畑の様に若返ります。皮膚の奥で生まれた細胞は 歳を取るとともに新しい細胞によって 表面に押し上げられていきます。そして垢となって剥がれ落ちますが、また次の細胞が押し上げられてきます。この古い細胞と新しい細胞の入れ替わりをターンオーバーといます。
        

 

誰だって老けたくない

いつまでも若々しくキラキラと元気でいたい。お花畑の様に歳をとっても若返っていつまでも若々しくいたいです。でも人は歳を取ると 皮膚が潤いや弾力性を失い乾燥したり、シミ、シワ、たるみ、ほうれい線ができたりして老いを感じます。どうして老いを感じるのでしょう?

 

 

やはり 体を守バリアー機能を失う事は 体を弱めます。紫外線が細胞の遺伝子を傷つけたり 細菌に感染しやすくなって体が元気や若さを失う前兆なのです。

 

 

 

ここで大切な事です。お肌の上に何かを塗って シミ、シワ、たるみ、ほうれい線をかくしてしまう。或いは血色の良いすべすべのお肌に見せかけてしまうよりも、これを体の中のサインと考えて「自分の体の中で何が起きているのだろう?」と考えてはみませんか?

老化とは何か?

人の体は、お花畑の様に 古くなった細胞の代わりに新しい細胞が生まれてくるのに、何故衰えなければならないのでしょうか?。それは体の細胞が錆びていくからです。老化とは細胞が錆びてしまう事です。錆びるとは皮を剥いて空気に曝したリンゴが茶色く変色して萎びてしまうようなものです。

 

 

 

一体何が体の細胞を錆びさせるいうと、私達が吸っている酸素の一部が、体の中で活性酸素に変化して体を錆びさせようと猛威をふるうのです。(ヽ゜ロ゜)オソロシヤァ!

 

 
でも酸素を吸うと誰もが錆びるかというと、そういう訳でもありません。私達の体の中には抗酸化力と言う力が潜んでいて、活性酸素から体を守ってくれます。人は歳を取るとこの抗酸化力が衰えます。だから人は歳を取ると老いると誰もが自然に受け入れているのです・・・ (-。- )
 

実録、マジで老けない女性がいた!

未だ私が若い頃、ひとめ惚れした素敵な女性。みずみずしくってお肌が潤っていてとても若々しい女性でした。 (*´Д`*)

 

ところがお歳を知ってショック! ( ̄□ ̄;)

 

自分の母親より少し若いくらい。当然、成人の子供がいました。その子供から聞いたところ「母はエステとか 高級化粧品とか特別な事は何もしていない。」と言っていました。もちろん美容整形などもあり得ません。当時はそんな事あるはずがないと説明がつきませんでした今の世の中は少しずつその事実を受け入れようと、マイナス10歳肌とか美魔女とか呼ぶようになってきています。

 

 

 

今も思い出してみると、完璧にメイクしていて隙が無いとか、人工的に演出された綺麗さという感じではではないのですけれど、血色がよくってしっとりとしていて潤っていてとても瑞々しい(みずみずしい)と感じられました。体の中に何か溜まっていとか淀んでいるっていう感じでは無く、さらさらと すっきりしていて とてもしなやかな感じなのです。(対面した感じです。触って確かめた訳ではありません。) o(゚ー゚*o)

 

 

溜め込まない、腐らせない、詰まらせない。

人は誰でも若いときは、さらさらと すっきりしていてしなやかなものです。歳をとってもそれが失われない様にできます。大切な事は

 

  • 過剰に溜め込まない
  • 体内で腐らせない(錆びさせない)
  • 血管を詰まらせない。

 

>> 溜め込んで、腐らせて、詰まらせるとは

 

 

冷え性とか血圧が高めの人は要注意ですが、そうでなくても血液の流れを悪くしない事、血流こそ若さを失わない為に大切な事です。

 

血流

 

 

 

他にも、無理せずできる一寸した努力でキレイになる自信を持てます。

 

例えば 

  • 血流を良くする努力、
  • 老化をおさえて若返ろうとス努力、
  • 無理せすスッキリとやせる努力、
  • お顔をスッキリとさせる努力
  • ストレスに強くなる努力

 

関連ページ

白湯(さゆ)を飲むだけ健康法
白湯(さゆ)を飲むだけ の美容と健康法は女優さん達の間で大流行しておるそうです。
腸内フローラで 美容と健康 老化防止 成人病予防 ガンや ウツ迄治る
美容と健康 老化防止 成人病予防 そして メンタル 腸内革命、腸内フローラ が人生を変える?
花粉症にならない体質
季節性アレルギー性鼻炎、花粉症。毎年春が来る と辛いですよね。体質そのものを変えてみませんか。
血流を良くする方法
老化を防止し若さを失わない為には血流です。メタボが気になるなら血行を良くしましょう。
美しくなる魔法
きれいになりたい、美しくなりたいなら 見た目よりも体の中から変われます。
熱中症 対策の決定版
世の中で広く知られる熱中症予防は不十分。対策しない人の現実をみた大切な予防策はこれえです。!

inserted by FC2 system